末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長会はユタ州プロボにある新たに施設が増築された宣教師訓練センターの一般へのオープンハウスを2017年7月31日から2017年8月19日に行うことを発表しました。(BYU Education Weekの登録参加者対象のツアーは8月21日から25日まで行われます。)オープンハウスのチケットは7月10日よりmtcopenhouse.lds.orgにて入手可能です。

2012年10月にトーマス・S・モンソン大管長は伝道に出られる年齢を男性は19歳から18歳に、女性は21歳から19歳に引き下げることを発表しました。プロボ、メキシコ、ガーナ、そしてフィリピンにおけるMTCの拡大計画により、全世界の15箇所にあるMTCは続けて、増大する宣教師の数に見合う訓練を提供することができます。

新設されたMTC校舎

プロボMTCの二つの新校舎には、主に世界各地の任務地へ送られる前の宣教師のための教室が含まれています。工事終了後に、プロボMTCは一度に3,700人もの長老、姉妹、夫婦宣教師たちの訓練を受け入れられるようになりました。

6階建ての二つの新校舎と、外のスペース、地下駐車場は、市の地区制の規制に見合うよう設計されました。自然の光を最大限に利用できるよう、またまわりの地域へ対するMTCのオープンさを表現するよう、新校舎にはガラスがふんだんに使用されています。大きな集会場、模擬レッスンのための部屋、そして室内、屋外学習スペースは、すべて宣教師のトレーニングの経験がより良いものとなるよう設計されました。

その他将来的に、構内で最も古い訓練施設を取り壊し、その分植物を植えたり、宣教師がはじめて到着する際に迎え入れられる新たな入り口をつくるという計画も検討されています。
新たに設けられたスペースによって、任務地での奉仕を始める前の宣教師の受け入れ定員が増します。

宣教師訓練センター新校舎

(全ての写真はmormonnewsroom.orgからのものです。© BY INTELLECTUAL RESERVE, INC. ALL RIGHTS RESERVED.)

ユタ州プロボの宣教師訓練センターの増築、二つの6階建ての新校舎は完成間近です。新たに設けられたスペースによって、任務地での奉仕を始める前の宣教師の受け入れ定員が増します。

 

新しい宣教師訓練センターの教室

プロボMTCの新校舎の教室は自然の光が入りやすいような設計をしています。

宣教師訓練センターの新校舎

プロボMTCの新校舎は世界中へ出発する前の宣教師を指導するためのスペースを追加してくれます。工事終了後にはMTCの定員は2,800名から3,700名へと引き上げられます。写真の右側にあるワサッチマウンテンのふもとにはプロボ神殿が写っています。

 

この記事はもともとmormonnewsroom.orgに掲載されていたものです。

編集者ノート:先日このMTCのオープンハウスに行ってきました。この新しい建物の前には大学のキャンパスを思わせるような美しい広場がありました。そこには宣教師たちが自由に勉強できるようにたくさんの机や椅子がありました。建物の中は天井が高いところが多くあり、美しい大きな絵画もいたるところにく展示されていました。そのためにどこか神殿のようであり、美術館を思わせる内装になっていました。この環境は、宣教師たちが瞑想したり成長するために最適な場所だと感じました。

The following two tabs change content below.
キャンベル葵さんは東京都出身です。ブリガム・ヤング大学ハワイ校で英語教授法を専攻しました。在学中は一時休学し、アメリカのテキサス州でモルモンの専任宣教師として奉仕活動をしました。料理や、手芸、エクササイズなど、様々なことに挑戦するのが好きです。
著作権 © 2017 Morumon.com. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest