カフェインの入ったドリンク

写真はthe moroni channelより

モルモンニュースルームから出版された記事において、教会はカフェインが知恵の言葉(タバコ、熱い飲み物、アルコール飲料を禁止する教会員のためのガイドライン)に反するものではないことを表明しました。

カフェイン摂取について聖典から学ぶ

教会はこのことについてこう答えています。”教義と聖約にはカフェインの使用については述べられていません(教義と聖約89)。教会の健康の為のガイドラインには、アルコール飲料、喫煙、”熱い飲み物”の禁止が書かれています。特にお茶とコーヒーのことであると教会の指導者達から教えられています。

教会員はコーラを飲むことを許されています。末日聖徒イエス・キリスト教会は、よく間違ってニュースやソーシャルメディアにて教会員はカフェインの摂取を禁止されていると報じられています。そう言って、カフェイン入りのソフトドリンクは禁止されていないことを明かしました。

カフェインフリーのダイエットコーラを片手に、デイブ・ローリンズは「カフェインに依存したくない。今日のカフェインが必要だ、という風にはなりたくないんだ。」と言います。

カフェインについては lds.orgに記載されています。

教義と聖約89:9には”熱い飲み物”は摂取すべきではないと記載されています。又、これは初期の教会指導者によって書かれており、”熱い飲み物”という用語はお茶とコーヒーを指しています。具体的にそれらをを飲んではいけないのはカフェインが原因だからであるとは書かれいません。

しかしながら、わたしたちは、ボイド・K・パッカー会長のこのお話を心に留めておくべきです。「知恵の言葉は『約束を伴う原則として与えられました』(教義と聖約89:3)原則は永続する真理、法律、規則であり、決断をする際の指針となるものです。一般に原則は詳しくは説明されていません。会員たちから手紙で、これやあれは知恵の言葉に反しますか、と聞かれることがあります。わたしたちはその原則を約束された祝福とともに教えます。人々は肉体と霊を損なう多くの習慣性のあるものを飲んだり、かんだり、吸ったり、注射したりしますが、それらは啓示の中に記されていません。勧告に従順であれば、人生の安全な側にいることができます。」(知恵の言葉ーその原則と約束 生徒の道1996年7月号21-22)


この記事はもともとMoroni Channelによって書かれ、
moronichannel.orgに投稿されました。

The following two tabs change content below.
ヴィアロボス葵 鹿児島県、奄美大島出身。大学在学中カナダに1年間留学。帰国後卒業し、その後ユタ州に留学。知らない所に旅に出かけることが大好き。一番好きだった旅先はパリ、フッセン(南ドイツ)ロンドン。

最新記事 by Aoi Villalobos (全て見る)

著作権 © 2017 Morumon.com. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest