一人で歩く茶髪の女の人

数年前、娘の将来に大きな期待を抱き、BYUへと送り出しました。娘が家を出たときに、彼女は確かに教会に活発に集っていましたし、これから先も前向きに信仰を続けるであろうと思われました。彼女は福音をとても愛しているように見えました。しかし、彼女が数年後に別の大学へ転校すると、新しいワードへ集うことはありませんでした。娘は教会へ行くのをやめ、それに対し気にかける様子もありませんでした。

これは一時的なものであり、娘にぴったりの方法さえ見つけてあげれば、簡単に教会に戻るだろうと思っていました。わたしは、考えつくことをすべてやってみました。毎週日曜日に、娘に電話をしましたが、電話はなり続けるだけでした。娘の友達に電話をしてみましたが、彼女たち自身にもそれぞれが大きな問題を抱えていました。わたしは自分で、娘を教会に連れて行こうとしましたが、遠くに住んでいるため、毎週連れて行くのは困難であり、長い目で見ると解決法になりませんでした。わたしは、彼女に記事を送りました。話をしました。彼女のビショップに電話をしましたが、彼のリストには、娘のような学生たちがかなりいると言われました。わたしは心配で心配で、祈りました。そして悲嘆に暮れるようになりました。

当初は、起きていることの事実を受け入れるのは、とても難しいことでした。わたしは、この新しい現実を信じる準備ができていなかったのです。娘が人生で初めて自分の能力を試し、信仰を試していることを、わたしはありがた迷惑なことだと思いました。ただ娘を取り戻したかったのです。わたしは誰と会っても、このこと以外のことを考えることや話すことができなくなっていました。娘を思うと、わたしの感情は混乱し、惨めな気持ちになり、静かな時間は常に不安でいっぱいで、胸が痛みました。彼女は、3200km以上離れた所にいましたが、常にわたしの心の中にいました。車に乗り、彼女のことを考えはじめると、目から涙がこぼれ落ち、わたしが望み、必要とする見方や平安を得るのはとても不可能に思えました。

このつらさに耐えるために、わたしは、理解してくれる友人を探し求め、同じような状況の人々とたくさん話し合いました。幸運なことに、わたしは多くの出会いの中で、とても助けになる話を聞くことができました。 彼らが効果的だったアイディアを分かち合ってくれると、次第にわたしの痛みは弱まっていきました。やっと平安をいくらか感じられるようになり安堵すると、学んだことを書き出すことにしました。わたしは、このような状況の中でどのように平安を見い出すことができるかについて、本を書く必要があると感じ始めました。 本を書くのは、わたしにとってこれが初めてのことでした。このような題材の本はほとんど存在しないことを知っていましたし、わたしのような経験をしている人々のために、助けになるのではと思いました。

この過程で、愛する人がモルモン教会の信仰を捨てるときに、人々が陥りやすい子育てにおける共通の間違いについて、大切な教訓を見つけました。事を悪化させる方法は多くあるけれども、このような失敗は、避けることが可能であることを学びました。

失敗例1:教会を離れた人に説教をする

まず最初にやってしまいがちな失敗は、教会に戻るよう説教をすることです。良いアドバイスを望まない人などいるのでしょうか?残念ながら、人は常にアドバイスを聞きたいと思っているとは限りません。その人のために何が最善であるか知っていると感じるときに、口を閉じているのは難しいものです。しかし、彼らの立場になって考えてみたときに、非難の言葉を聞きたいと思いますか?すぐに娘の間違った行動を長々とリストアップすることは、なんの役にも立たないことを理解しました。あなたが言いたいことの数々は、彼らにとってはすでに耳にタコ。それよりむしろ、彼らの人生の旅での現在地を受け入れ、愛を示す時ではないでしょうか。そして、皆にとってもっと安全な話、例えばペットや子供たち、家族のイベントや最近の出来事について話すといいかもしれません。

失敗例2:子供たちの間違った選択は、親の自分に非があるからだと思い込む

子供が教会から離れるとすぐに、特に両親は、自分を責めずにはいられないものです。親は、子育てで失敗したことや、子供たちに正しい道を示す機会を逃したときのことなどすべてを思い返すものです。しかし子供たちは、多くの場合、親の行動に関係なく、我が道を行くものなのです。自分を責めないでください。あなたのせいではないのです。聖典の中の素晴らしい家族たちでさえも、わたしと同じ経験をしたことを思い出すときに、わたしはとても慰められました。アダムとエバ、リーハイとサライアも、また神ご自身でさえ同じ経験をされたのです。神の子供たちの誤った選択に対し、神を責めることなど決してありません。ならば、自分たちを責める必要が本当にあるのでしょうか?もちろん、別のもっと良い方法を選ぶことができたのかもしれません。しかしそのときは、あれが自分ができるベストだったのではないでしょうか?おそらくそうだと思います。ありがたいことに、聖典には完璧ではなかった人々のお話がたくさんあります。子供たちには、自由意志があり、彼らの選択の自由からもたらされる結果のリスクは、子育てに伴うその一部にすぎません。わたしたちは、彼らの良い選択を自分の手柄にすることはできません。それならば、彼らの良くない選択に対し、責めを受けようとする必要などあるのでしょうか?

失敗例3:教会の話題を完全に避けようとする

ある家族は、家族の誰かが同じ信仰を持たなくなると、宗教について話すのは難しすぎてできないと感じるようです。これも失敗例の1つです。人生において、教会が大きな存在である場合、宗教の話題を壁で覆ってしまうのは必ずしも健康的ではありません。代わりに、分かち合っても安全だと思える、あなたにとって素晴らしい信仰の経験を分かち合ってください。あなたは家族と穏やかに、そしてお互いを尊重しながら会話をすることはできますか?これは時間がかかるかもしれませんが、努力してみる価値があります。 ある父親が、彼の息子は以前、手当たり次第に父親の信仰を批判していましたが、時間が経つにつれ、2人は、宗教によってお互いの関係が行き詰まる必要がないことに気づいたと話してくれました。この父親がとった効果的な方法は、自分を守ろうとムキになるのではなく、正しい経験を分かち合うことでした。両者ともに、聞くことを学ばなければなりませんでした。長年の誤解の後、息子は父親に霊的な経験について質問をしたり、家族の特別な日には、教会に一緒に集うことも今ではあります。

宗教について話し合うときに、あなたの動機についてもう一度考えてみてください。愛する人を改宗させて、教会に戻そうとしていませんか?宗教の話をして、誰かの考えを変えようとするときに、問題が起こり得ます。 再び改宗させようといった下心を持たずに、あなたの人生での出来事を単純に分かち合うことが、より効果のある方法です。今わたしは、娘に教会の奉仕や愛のような、わたしたちの関係を脅かすような話題ではなく、わたしたちを活気づけてくれる話題や、人生で神聖な経験をした人について話すことを楽しみにしています。幸いなことに、娘はわたしと話をするときに、霊的な話のいくつかに耳を傾けることに対して嫌ではないようです。そして、霊的な話を少しでも彼女に分かち合えることができるならば、わたしにとってそれは嬉しいことです。きっと、彼女は他では霊的な話を聞く機会もないでしょうから。娘は寛大なことに、わたしのことを気にかけてくれます。わたしたちはお互いに、重要な事は娘を福音に戻そうとすることではなく、親しい間柄を続けることであることに気づきました。

もしあなたが、宗教の話題を持ち出して、辛い経験をしたことがあるならば、わたしたちのような今の状態になるには時間がかかるかもしれません。そうであるならば、どうぞ忍耐してください。癒しは起こります。

失敗例4:話すことをやめる

家族の誰かが、教会に行くのをやめてしまったときに、その人と口をきくことをやめたいと思う理由は多く見つけられるかもしれません。ある女性から、彼女の兄弟が教会から離れたときに、何と言っていいのか分からなかったので、口をきくのをやめてしまったという話を聞きました。ときどき人々は、教会から離れた家族の生活スタイルに賛成できず、家族の集まりに招くことをしなくなります。または、彼らにとってとても大切なことに対し、対立するのではないかと恐れるかもしれません。このような話題は脅威であり、辛いので、人々は詳細を知りたくないのです。しかし、このように口をきかなくなったり、ある話題を避けたりすることは、拒絶することと同じです。スペンサー・W・キンボール大管長の妻カミラは、可能な限り家族との「関係を保つ」べきであると賢い助言をしました。

イエスは、素晴らしい愛の模範と、福音の教えに従わなかった人々を受け入れることを、わたしたちに示してくださいました(ヨハネ8参照)。もしかすると、今は、新しい現実を受け入れるときなのかもしれません。手を伸ばし、教会から離れてしまった愛する人の心痛な思いを心を開いて、こみ上げる怒りの感情を抑えて、耳を傾けるときなのかもしれません。愛と宗教の本質は、相手がどんな選択をしようと、その人を受け入れるための方法を見い出そうとすることです。それを実行するために、愛する人をつかんで離さないこと以上により良い方法があるでしょうか?神が、わたしたちが愛せる以上に彼らを愛しておられ、これからも愛されることに気づくにつれ、わたしたちが今できることは、たとえ何があろうと彼らを愛することだと気づくことができるのです。

 

この記事はもともとRobin Zenger Bakerによって書かれ、ldsliving.comWhen a Loved One Leaves the Church: 4 Mistakes to Avoidの題名で投稿されました。

日本語©2017 LDS Living, A Division of Deseret Book Company | Englsih ©2017 LDS Living, A Division of Deseret Book Company

The following two tabs change content below.

スミス 寿子

スミス寿子さんは、横浜に生まれました。17歳のときに、ユタ州で一年交換留学生として過ごしました。その後、リックス・カレッジ(現在のBYUアイダホ)、BYUハワイで学び、最終的にBYUプロボで卒業しました。夫と4人の娘がいます。長女は大学生で、次女は神戸伝道部で伝道しました。三女は高校生、四女は幼稚園生です(2016年現在)。趣味は、編み物、料理です。
タグ: ,
著作権 © 2017 Morumon.com. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest