伝道部の数の削減、テクノロジーの活用など宣教師に関する重要な変更 

伝道部の数の削減、テクノロジーの活用など宣教師に関する重要な変更 

近頃モルモン教会は、宣教師プログラムの一部を変更することを発表しました。その変更には、伝道に出るために受ける面接の質問の標準化、伝道部の数の削減、同じ考えを持つ宗教心のある人々を見つけるための現代テクノロジーの活用、早期に帰還した宣教師へのサポートが含まれます。これらの変更については、以下で説明していきます。 面接の質問の標準化...
MTC新校舎

MTC新校舎

末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長会はユタ州プロボにある新たに施設が増築された宣教師訓練センターの一般へのオープンハウスを2017年7月31日から2017年8月19日に行うことを発表しました。(BYU Education Weekの登録参加者対象のツアーは8月21日から25日まで行われます。)オープンハウスのチケットは7月10日よりmtcopenhouse.lds.orgにて入手可能です。...
伝道から学んだこと:従順すぎる、ということが有り得る

伝道から学んだこと:従順すぎる、ということが有り得る

わたしはプロのフットボール選手の父とモデルの母に育てられました。そしてわたしは残念なことに父のルックスと母の運動神経を受け継ぎましたが、勤勉に務め、正しいことをすることによって多くのことを成し遂げることができると学びました。そのおかげで、伝道に出たとき、それは簡単なものになるはずでした。   伝道で従順であることは簡単なこと わたしがすべきことは従順でいることだけでした。宣教師の手引き、伝道部会長の手引きなど常に100パーセント完璧でいるために必要なものは与えられていました。なんて簡単なことでしょう。...
あなたは必ず祝福を受けるから | メリッサ・テオの物語

あなたは必ず祝福を受けるから | メリッサ・テオの物語

愛する母が捧げた、信仰深い未来の宣教師となる娘への最後の言葉。「あなたは必ず祝福を受けるから!」   伝道に出るようにという促しは、最悪なタイミングでやってきました。 父の死からの旅立ち わたしの父は、2008年に他界しました。父が亡くなってからというもの、わたしは呆然とし自分を見失う時がありました。この状態から抜け出すために、生活を変える必要を感じたわたしは、ハミルトンに引っ越し、ワイカト大学で学ぶことにしました。母が病気になったときに、セラピーが母の助けになるのを見たことで、わたしには作業療法士になる夢がありました。...
普段話さなくても話さなければならない伝道の大切な要素

普段話さなくても話さなければならない伝道の大切な要素

  「伝道が大変だなんて誰も言ってくれませんでした。」 会員でいっぱいになった礼拝堂に座っていた私はこの言葉を聞いて耳をすましました。その日は幼児の祝福、伝道から帰還した人、これから伝道に行く人の話でいっぱいでした。 この話は転出する人の話でした。 話者はこれから宣教師になる人ではなく、かつて伝道をしていたワードの会員でした。 うまが合わなかった同僚、宣教師である自分に横柄な態度で接した人などの宣教師時代の辛い経験を話すのを聞いて、特にこれから伝道に出る人もいるのに、話者は一体何を言いたいのだろうと思いました。...
わたしたちがモルモン教宣教師になる前

わたしたちがモルモン教宣教師になる前

断食証会で、赤松百与姉妹がモルモン教宣教師として伝道に出る前に悩んでいたこと等についてお話と証をしてくださいました。そのことについてもっと詳しく聞いてみたいと思い、今回お話を伺うことにしました。百与姉妹のルームメイトの中村あい姉妹のお話もとても良いという百与姉妹の勧めで、あい姉妹のお話も聞かせていただきました。二人は宣教師トレーニングセンターと東京南伝道部で同僚だったそうです。そして、現在お二人はユタ州で留学中ですが、今はルームメイトとして一緒に充実した生活を送っています。   百与姉妹が伝道に出る前のいきさつ...
1 / 1012345...10...最後 »
著作権 © 2017 Morumon.com. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest