系図探求の奇跡:村中の住人がバプテスマを受けた

系図探求の奇跡:村中の住人がバプテスマを受けた

アッコちゃんは北陸の小さな農村の出身だ。その村からさらに緑が茂る田舎道を車で15分程走らせたところに、母方の祖母が生まれた池城村がある。アッコちゃんは20年前、家系図を調べるために祖母の生家を訪れたときに、村の謄本を手に入れることができたのだった。 20年前アッコちゃんが訪問した時には、村には三世帯しかいなかった。一軒は一人暮らしの高齢者の女性だった。残りの二軒は家族の所帯だった。その二軒が町内会長を交代でこなしていた。...
系図(神殿家族歴史)と音楽

系図(神殿家族歴史)と音楽

わたしが教会で系図(神殿家族歴史)と音楽の関わりが始まったのは、1970年ソルトレーク神殿団体参入の時でした。その年の3月に日本で最初の東京ステークが発足し、4月にステーク音楽委員長の召しを受けました。5月には横浜ワードで市民結婚し、ソルトレーク神殿で自身のエンダウメントや夫婦の結び固めを受けるために戸籍謄本を提出しました。...
ネルソン会長の祖父への霊界からのメッセージ

ネルソン会長の祖父への霊界からのメッセージ

末日聖徒として、わたしたちは死を超えても永遠の命を得られると教わっています。死後の生活について、わたしたちは少し知っていることもありますが、知らないこともたくさんあります。2017年のルーツテック大会にて、ラッセル・M・ネルソン会長は死後の生活がどのようなものかについてのいくつかの質問に答えました。それには自分の家族歴史にまつわる霊界からのメッセージも含まれていました。...
2017年「信仰の遺産」講座のお知らせ

2017年「信仰の遺産」講座のお知らせ

第一回目の「信仰の遺産」講座 (こうざ)が今週末25日(土曜)に東京ステーク中野ワードで開催されます。今回の講師は東京ステークの横山喜一会長で、神殿での礼拝の教義から何を学ぶことができるかをお話してくださいます。   横山喜一会長...
先祖からの受け継ぎを学ぶ

先祖からの受け継ぎを学ぶ

家族歴史はあなたにとってどのようなものですか?わたしにとって家族歴史は身近なものでした。母が幼い時から、自分のでも知り合いの家族歴史でも、とても熱心に作業を行っていたからです。私が子供の時は、どのように家族歴史専用の紙に先祖の記録を記入するかを教えてくれました。始めてみると興味が湧き、楽しい作業だと思いました。   家族と自分をつなぐきっかけ...
家族歴史を子供に伝える

家族歴史を子供に伝える

“系図”という言葉を耳にすると、ついついぼんやりしてしまう。系図がばかばかしいとか、興味がないとかいうことではない…と言ったら少し嘘をついていることになってしまうかもしれない。系図に夢中になれる人は沢山いるし、うちの母も先祖のことを調べるのは得意。その情熱が、わたしには欠けている。 系図という言葉を少し変えて、「家族歴史 」について話しましょうと言うなら、途端に、わたしの耳は冴え、頭の中はたくさんの物語で一杯になる。わたしにとって、物語や写真が、系図に現実味を与えてくれるのだ。   「家族歴史」を身近なものにするためには...
1 / 41234
著作権 © 2017 Morumon.com. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest