愛する人が教会を離れるとき:子育てで避けるべき4つの失敗例

愛する人が教会を離れるとき:子育てで避けるべき4つの失敗例

数年前、娘の将来に大きな期待を抱き、BYUへと送り出しました。娘が家を出たときに、彼女は確かに教会に活発に集っていましたし、これから先も前向きに信仰を続けるであろうと思われました。彼女は福音をとても愛しているように見えました。しかし、彼女が数年後に別の大学へ転校すると、新しいワードへ集うことはありませんでした。娘は教会へ行くのをやめ、それに対し気にかける様子もありませんでした。...
孫娘が旅立つ前の祝福についてのバラード長老の感動的な話:「おじいちゃん大丈夫。待ってるからね」

孫娘が旅立つ前の祝福についてのバラード長老の感動的な話:「おじいちゃん大丈夫。待ってるからね」

命、死、痛み、笑い、心痛、喜びで満たされた瞬間はすべての人が地上で経験することです。誰も例外はなく、主に仕える人でさえもそうなのです。以下、バラード長老が経験された試練の中で主の平安を得た感動的な話です。 M・ラッセル・バラード長老がフェイスブックに記したもの: わたしたちは旅の中にいます。霊の世界をあとにし、天の両親の前から旅立ちました。人生は単純なものではありません。そのようにはなっていないのです。使徒にはなんの試練もないと皆は考えますが、わたしたちにも問題や試練がありました。...
一夫多妻についてモルモン教の会員が本当に知る必要のあること

一夫多妻についてモルモン教の会員が本当に知る必要のあること

(Morumon.com編集者より:この一夫多妻に関する記事は、末日聖徒イエス・キリスト教会が投稿したものではなく、この内容は同教会の公式な見解や意見を述べたものではありません。) 前置きをしておきますが、繊細なテーマに関する投稿なので、わたしのいつものモルモン教徒に関する投稿に比べて少し長くなると思いますが、どうか通して読んでください。...
子供の同性愛発覚:家族内での違いを愛と信頼をもって対応する

子供の同性愛発覚:家族内での違いを愛と信頼をもって対応する

(Morumon.com編集者より:この記事の内容は末日聖徒イエス・キリスト教会の公式な見解や意見を述べたものではありません。) ある早朝、成人した息子から電話がかかってきて、ボーイフレンドを連れて、わたしと一緒に教会へ出席しても良いかと聞かれました。それは不意打ちでした。息子がとても長い間教会に行っていないことを知っていたので、喜んで「もちろん!」と答えました。息子が同性愛についてのカミングアウトの時に比べ、だいぶ落ち着いてきましたが、「子供がまわりに何て思われるのだろう?」と、わたしの脳内に様々な思いが巡りました。...
あなたは必ず祝福を受けるから | メリッサ・テオの物語

あなたは必ず祝福を受けるから | メリッサ・テオの物語

愛する母が捧げた、信仰深い未来の宣教師となる娘への最後の言葉。「あなたは必ず祝福を受けるから!」   伝道に出るようにという促しは、最悪なタイミングでやってきました。 父の死からの旅立ち わたしの父は、2008年に他界しました。父が亡くなってからというもの、わたしは呆然とし自分を見失う時がありました。この状態から抜け出すために、生活を変える必要を感じたわたしは、ハミルトンに引っ越し、ワイカト大学で学ぶことにしました。母が病気になったときに、セラピーが母の助けになるのを見たことで、わたしには作業療法士になる夢がありました。...
現東京神殿会長逝去する。彼の人生を変えた夢

現東京神殿会長逝去する。彼の人生を変えた夢

lds.org によると2017年4月28日、東京神殿の新山神殿長が逝去されました。 アジア北地域会長会はこのような書面を発表しました。「主の業において尊い兄弟である新山神殿長が逝去されたことに心からお悔やみ申し上げます。」 1944年4月25日に神戸に生まれた新山会長は73歳になったばかりでした。彼と妻の新山モールトン 畠山登美子姉妹は、2015年11月から神殿会長及びメイトロンとして奉仕しました。 新山会長は、教会の中では地域七十人、日本仙台伝道部会長、the Church Area Government Relations...
1 / 1712345...10...最後 »
著作権 © 2017 Morumon.com. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest