突然こころに浮かんだ思い:子どもの示現が家族を福音のために備える

突然こころに浮かんだ思い:子どもの示現が家族を福音のために備える

1840年、イタリアのトリノ近辺に住むごく普通の少女であったマリー・マドレーヌ・カードンは、地球の反対側で行われている回復の業を示現で垣間見ました。   5歳の少女が受けた示現 1834年、マリーはワルドー派の両親の元に生まれ、アルプスでの静かな田舎暮らしをしていました。「わたしの人生の方向性」を変えたと語るようなことが起こるとは到底思えませんでした。わずか5歳だったにも関わらず、マリーは使者がイタリアに回復された福音を伝えに来る示現を受けました。彼女は後にその夢についてこう説明しています。...
回復について知られていない3つの事柄

回復について知られていない3つの事柄

1820年の春、最初の示現により回復はもたらされました。しかし、神は1820年より遥か前に、福音を回復するために世を備え始められたのです。この記事では、回復について知られていない3つの事柄をご紹介します。   1.アメリカで初めてバプテスト教会を創設した人が、回復の備えをした ロジャー・ウィリアムズは、ジョセフ・スミス生誕前の人物の中で、回復への備えに最も貢献した人物でした。ここでは彼の経歴を全て並べ立てることはしませんが、回復に大きな影響を与えた事柄を述べたいと思います。...
FSYジンバブエ

FSYジンバブエ

  これは、歴史に残るジンバブエで初めて行われたモルモン教の青少年のイベント、For the Strength of Youth(FSY)についてです。 12月の一週間ブラワヨステークとグウェルステークの若者たち(12−18歳の男女)はブラワヨ市(ジンバブエ南西部)にあるファルコン大学に集まり初のFSYに参加し、喜びと興奮に満ちていた。...
信条の条件(後半)

信条の条件(後半)

  前半の内容 モーサヤ書26章に、ベニヤミン王が民を導いていた時代に全ての民に向かって教えを説きましたが、その当時はまだ幼く王が教えること全てを理解できなかった子供たちがいました。 息子モーサヤが王となり、子供たちは成長しましたが彼らはキリストの教えを信じておらず、それどころか神を信じる人々の間に争いを起こし混乱を生じさせました。   裁きを求める...
天の母&女性と神権に関する新しい論文を教会が公開

天の母&女性と神権に関する新しい論文を教会が公開

モルモン教は、近頃、教会内の女性の役割だけでなく、天の母についても、2つの新しい福音をテーマとした論文を公開しました。 2013年11月のはじめに、モルモン教は、特別な一般の関心と感受性をテーマにした、掘り下げた論文を公開することを始めました。この論文の目的は、モルモン教の信条の側面を明確にし、透明性を提供することにあります。それ以来、モルモン教の会員とその他の信者は、教会の一夫多妻や、人種と神権、最初の示現に関する複数の記述といったテーマに関する、福音をテーマにした論文から多くの見識を得ています。...
1 / 912345...最後 »
著作権 © 2018 Morumon.com. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest