スタバのカップを浜辺でもつ

この記事を読んでいる末日聖徒イエス・キリスト教会の皆さんは、知恵の言葉の中でアルコール、薬物、タバコ、コーヒー、紅茶の摂取が禁じられていることをご存知でしょう。このために、友達とスタバに行ってもおきまりのココアかジュース類しか飲めないと思っていませんか?実はスタバにはデカフェメニューでコーヒーや紅茶を使ってない飲み物もあるのです。夏に涼んだり、冬に温まりたいときのバラエティーを増やしてみませんか?

チョコの飲み物

スタ―バックスのホットココア

ココアはアイスとホットから選べます。画像はホットココア   画像:プリ画像より

 

 

ココア温めた牛乳にバニラとモカ風味のシロップを加えた飲み物です。甘いホイップクリームがトッピングされています。 (モカ風味のシロップの原材料名は水、砂糖、アルカリで調理されたココア、ナチュラルフレーバーです。) 

 

 

 

スターバックスのホワイトモカ

ホワイト モカはアイスとホットから選べます。画像はアイスのホワイト モカ  画像:プリ画像より

 

 

ホワイト モカ :昔ながらのホットココアにホワイトチョコと温かいミルクを混ぜて、ホイップクリームをトッピングしています。プラス50円でデカフェのものを注文することができます。

 

 

 

スターバックスのダーク モカ チップ クリーム フラペチーノ

画像:プリ画像より

 

ダーク モカ チップ クリーム フラペチーノ:濃厚なモカ風味のソースとクリームを贅沢にチョコチップとミルク、氷とブレンドしたもの。生クリームとモカソースをかけて仕上げてあります。
注意点:フラペチーノでも「ダーク モカ チップ フラペチーノ」(「クリーム」と記載がないもの)はコーヒーが入ってるので避けてください。また、「ダーク モカ チップ クリーム フラペチーノ」にコーヒーは含まれていませんが、間違いを避けるために注文するときにコーヒーが入っていないかを確認してください。

 

乳製品

スターバックスのバニラクリームフラペチーノ

画像:プリ画像より

 

 

バニラ クリーム フラペチーノバニラとミルクを氷とブレンドした濃厚なドリンク。ホイップクリームをトッピングしています。

 

 

 

フルーツ ドリンク

スタバのアイスティー(パッション)

画像:Fujika photography

 

 

パッションティーパパイヤとマンゴー、ハイビスカス、レモングラスをブレンドした色鮮やかなティーです。

 

 

 

スタバのマンゴー パッション ティー フラペチーノ

画像:Fujika photography

 

マンゴー パッション ティー フラペチーノ:南国果物のマンゴーとパッションフルーツに、ハイビスカスティーと氷を加えて作られたフローズンです
注意点:「ミント シトラス」は、緑茶にスペアミントなどをブレンドしたメニューなので、気をつけてください。

 

 

 

また、ここには記載されてない季節限定のデカフェフラペチーノなどのドリンクもあるので、チェックするといいですね。あとは、ベーカリーからお好きなデザートを選んでドリンクと一緒にお楽しみください!

更新日:2018年5月20日 わたしたちはニュー・メキシコのスターバックスの本社にあるお客様センターに問い合わせて事実確認を行いました。この記事に取り上げられたノンカフェインドリンクの正式レシピにはコーヒーや紅茶、抹茶などは含まれていません。もしそれらが加えられたなら、それはお店側の間違いでしょう。わたしたちは上記の提案にあるように、間違いを避けるために、注文するときはコーヒーや紅茶や抹茶などが入っていないかどうか確認するようにお勧めします。

この記事はもともとEmma Priceによって書かれ、MORMON HUBに投稿されたものを前田美佳子が翻訳しました。

The following two tabs change content below.
トゥーラー・彩恵はアメリカのブリガム・ヤング大学をレクレーションセラピー学部で卒業し、ユタ州で2年間レクレーションセラピースペシャリストとして働きました。今は、翻訳家、ブロガー、編集の仕事をしています。 母親、妻、家庭菜園、編み物、料理、音楽、などなど、広く浅くの多趣味!Keepers of Lightというブログでも奮闘ぶりや幸せの発見を書いているので、ぜひ一度チェックしてみてください。
著作権 © 2018 モルモン. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest