新年の門出にリセットボタンを押す。第1話(全3話)

新しい年を始めるにあたり、私たちの多くは過去の良かったこと、悪かったことについて考えます。過去の日々を懐かしみ、学んだ事柄の意味を考え、これからどうなるのかを想像しながら過去の旅路を終えます。私たちの未来には何が待っているのでしょうか。...

孤独を超越する3つの提案

孤独は、自分自身の力ではどうすることもできないと考えている人もいるかもしれませんが、そうではありません。孤独感を人生から取り払うことは可能です。そのためになにをするべきか、モルモンの指導者はアドバイスを繰り返してきましたが、その中から3つを紹介します。

学ぶ準備ができている時

なにかを学ぼうと思う時、わたしたちは学ぶ環境や心境を整える必要があります。わたしたちが学ぶ環境を整えたとき初めて、師がわたしたちを訪れ、教えることができるのです。生涯を福音を教えることに捧げたキリストも、学ぶ備えのできた人たちのところに訪れました。

天の母&女性と神権に関する新しい論文を教会が公開

モルモン教は、近頃、教会内の女性の役割だけでなく、天の母についても、2つの新しい福音をテーマとした論文を公開しました。 2013年11月のはじめに、モルモン教は、特別な一般の関心と感受性をテーマにした、掘り下げた論文を公開することを始めました。この論文の目的は、モルモン教の信条の側面を明確にし、透明性を提供することにあります。それ以来、モルモン教の会員とその他の信者は、教会の一夫多妻や、人種と神権、最初の示現に関する複数の記述といったテーマに関する、福音をテーマにした論文から多くの見識を得ています。...

イスカリオテのユダから学んだ5つのレッスン

イスカリオテのユダと聞くと、どのようなことを思いつきますか?わたしたちにはイスカリオテのユダが、どのようないきさつでイエスを裏切るようになったかという詳細は知りません。しかし、聖文を通して学べる彼の人生から、大切な教訓5つを学ぶことができます。

試練のときに幸福を感じるための秘訣

  あなたが健康で、必要なだけお金があって、子供たちが仲良く(そして静かに)遊んでくれているときに、感謝をするのはおそらくとても簡単なことです。 しかし、試練のときはどうでしょうか?または、大きな自然災害のときは?全能の神を信じるときに、神を責めるのは、正直、反応の事のように思えます。 信仰と感謝の気持ちで試練を耐えるのは、難しいことです。祈りの答えは、思いもよらない方法で来るかもしれません。 ウークトドルフ管長は、2013年9月号のリアホナに掲載された大管長会メッセージ「人生の四季」で、子供のころの思い出 —...

赤いベゴニアの花から得た福音の証

証は賜物 私は玄関に満開の花が咲いていて迎えてくれる家に帰るのが好きです。わたしたちが以前に住んでいた家のポーチは一日中太陽が当たりました。常に日光と熱を受けているので,花が枯れないようにするのは難しいことでした。毎日水をやりましたが,ニュージャージー州の8月の炎天下は、あらゆる花を焼き尽くすようです。どの種類も耐性が十分ではありませんでした。それから,赤い葉を付けた、てかてかしているベゴニアを発見しました。...

Facebook

モルモン

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
モルモン
モルモン3 hours ago
聖霊の助けを日々の生活の中でもっと感じられますように。

聖霊について読む
https://buff.ly/2MJt7Uw
モルモン
モルモン1 day ago
”「世の中は誘惑に溢れていますが、これこそがわたしたちが神から与えられた自由意思を使う目的です」とジョーンズ姉妹は毎年恒例のマリオットセンターでのイベントで多数の出席者に向かって話した。” ニュースルーム
モルモン
モルモン3 days ago
”末日聖徒イエス・キリスト教会の第17代大管長は、教会が作るビデオシリーズ「キリストの特別な証人」の中で、わたしたちの主であり救い主であるイエス・キリストが現実にいらっしゃることを証した。”ニュースルームより
モルモン
モルモン4 days ago
自分のことでいっぱいいっぱいな時は御霊の助けが必要です。そんな時こそ、少し自分のことから休憩して、御霊の助けを得ることができますように。
モルモン
モルモン5 days ago
どんな時も、一人ではありません。いつも頼れる人がいます。

フォローする

著作権 © 2018 Morumon.com. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest